養育費の算定方法

子供がいる夫婦が離婚をする場合、子供を手放して養育しない親から子供を引き取って養育する親へと養育費が支払われます。
これは子供が成人して社会的な自立をするまで払い続ける費用で、夫婦は破綻しても親子としての責任を果たすためには必要な費用です。
月々にどれくらいの金額を受け取るのかという算定方法は家庭裁判所の裁判官が発表している算定表に基づいた計算を行って割り出します。
具体的には養育する子供の年齢や、費用を支払う義務者の職業などがポイントになります。職業とは給与所得者なのか自営業者なのかというポイントによって月々の金額に違いが生じます。

サッカー06

 
また、受け取る側の権利者の年収がどのくらいあるのか、給与所得者なのか自営業者なのかで金額が左右されます。
年収が2000万円を超える高所得者の場合と、既に義務者が再婚をしていて新しい扶養家族がいる場合などは計算方法が異なるため、注意が必要です。
毎月きちんと支払う約束だったのに、支払いが滞っている場合などもよく見られるため、取り決めをおこなったら離婚協議書を作成し、公正証書などを作成しておくと万が一の場合強制執行を行うことも出来るためオススメです。
口約束だけでなく、きちんと書面で証拠を残しておくことが大切です。