標準生活方式

水04

 

夫婦が離婚した場合、子どもの養育費は夫婦で分担するのが一般的です。親権がない方の親も、子どもを養育する義務があるからです。ただ難しいのは養育費の算定方法です。現実的には、それぞれの生活能力に応じて分担していくことになるわけですが、実際にどのくらいの養育費がかかるのかを算定しなければなりません。

 

 

養育費の算定方法にはいくつかの方法ありますが、その中の一つが標準生活方式と呼ばれる方法です。総理府統計局などが行っている家計調査結果を参考にするものです。総理府統計局では、標準的世帯にかかる標準的な家計費を調べていますが、それを元にして生活費を算出するわけです。この算定方法を利用するメリットは実際に必要な養育費に近い額を算出することができることです。そのために子どもは標準的な世帯と同等の経済的生活を続けていくことができます。

 

 

しかし、デメリットもあります。それは親の生活水準を考慮していないということです。親権を得た母親に収入がない場合や、父親も新しい家庭を持ってしまった場合、養育費にまでお金を回すのが難しくなる可能性もあります。しかし、残された子どもに安定した生活の営みをさせることを最優先するなら、この算定方法を有効な方法と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。